ビジネスプロデュースは 大変そうだけど 実にシンプルだ

僅かな資金で会社を設立し、ウェブサイトで事業を見える化し、ちょっとばかり実行してみた。すると、色々な人たちとのつながりができ、自信が持てるようになった。

そう考えながらも僅かな活動資金はアッという間に消え、日々資金不足に悩む結果となる。

続きを読む ビジネスプロデュースは 大変そうだけど 実にシンプルだ

講師として稼ぎたい とは思わないが・・・

「ビジネスの講師として稼ぎたい」という人、僕のまわりにも結構いる。僕的には、「本当に仕事がデキル人は、講師業で稼ごうなんて思わないよ」と思うのだが、講師業で稼いでいる人もいるのだから反対はできない。

そして、「どうしたら受講者が集まるのだろうか?」と相談を受けることもある。

「実績が乏しい人、知名度が低い人であれば、いくら宣伝をしても無理」と思うのだが、「一番良い方法は何だろう?」と考える。

で、辿り着くのが出版。
人に教えられるだけのノウハウや経験を有しているなら、まず読者を獲得してから、受講者募集とした方が現実的だ。出版といっても大きな投資ができなければ、電子書籍でいい。それに200ページも要らない、と思う。

ビジネス書であれば、大体200ページくらいあるのが普通だが、後付け理由に多くのページを割いているのがほとんどだ。きっと整理したらA4で図等も含め10~20枚くらいに納まってしまう。

だから、出版と言っても10~20ページくらいのPDFファイルをダウンロードできるスタイルで十分かと思う。むしろ、そのくらいで読者の共感を得て講座に導くのがいいだろう。

もちろん、「ダウンロード無料!」にしないと誰も読まない。だから、販売金額は付けたとしても期間限定のキャンペーンということで、まずは読んでもらうことから始めた方がいい。読者、受講者が増えたら有料にするのも有りだと思う。

といったことから、僕が関係するBPA(ビジネスプロデューサー協会)では、新たなプロジェクト(電子書籍販売サイト)を準備中だ。「講師として稼ぎたい」という人たちのために、だけでなくビジネスプロデューサーのブランディングサポートの一環として取り組む。PDFをダウンロードできるレベルのものだから書籍とまでは言えないが・・・。

そのダウンロードサイト(電子書籍販売サイト)のネーミングは、「eセオリー」。eセオリーには、BPAメンバーの独自のビジネスメソッドをアップしていく予定だ。

eセオリーの特徴としては、以下の3つかな。
1. だらだらと長い文章(後付け理由)は必要としない。
2. 伝えるポイントを絞り込み、読み手が素早く理解できるようにする。
3. 図やデータが豊富な資料づくりを心掛ける。

だから、ePUBよりPDFの方がいい。

と言うことだが、eセオリーを始める一番の理由は、ビジネスサポートやブランディングではなく、ビジネスプロデューサーならではの(各人の)表現力向上にある。

僕としては、出版という目標を持たせ、それを指導する方法を模索しているのである。

講師として稼ぎたい、とは思わないが・・・

予算や時間を調整できるポジションに立たなければ・・・

僕の主業務は、新規事業の企画書を作ること。だから、決裁権のある人としか真面目なミーティングはしない。だからと言って、「決裁権の無い人からの依頼は受けない」ということではない。

知人、友人からの紹介であれば企画することもある。ただ、軽いミーティングで済まし「こんな感じかな」というレベルで処理する。じゃないと時間がいくらあっても足りない。とはいえ、「こんな感じかな」というレベルでも決裁権のある人に辿り着くいいきっかけとなる。

僕は、仕事のあり方として人を差別する。「差別」というと聞こえが悪いが「これが俺のスタイルだ」と思っている。差別とは言っても相手にしない、ということではないのだから。

ある時、ビジネスパートナーから「大手製薬会社の仕事で・・・」と依頼があった。予算もそれなりにあり、魅力的な仕事だったが断った。断った理由は、時間が無く部長クラスの人とのミーティングのために大阪まで来て欲しいと言われたから。

「じゃ、誰かに任せ、監修してもらえないか」と言われた。でも、断った。それ以来、ビジネスパートナーからの連絡は無くなった。僕に裏切られた感があったのだろう、と思う。

偉そうな言い方になってしまったが、振り回されるような仕事はしたくはない。というのも、余裕を失えば、魅力も失うことになる。もっと若かったら、そうは思わないかもしれないが・・・。

話変わるが、「予算や時間(スケジュール)を調整(コントロール)できるポジションに立たなければ、ビジネスプロデューサーとはいえない」と思う。

講師としての経験より10億円以上の経験を有する方

BPAでセミナー講師の募集をスタートした。

「講師としての経験やノウハウを有する方ではなく、ご自身の経験『本当の話』をしてくださる方を対象としています。」と。

但し、「年商10億円以上の会社経営経験、又は投資予算10億以上のプロジェクトリーダー経験を有する方」としたので、ある意味ハードルが高い。

そのハードルを越えてくる人は、そうはいない。
余程の使命感を持っている方でなければ、越えられないハードルだ。

周りを見れば、10億円以上の経験を有する人はいくらでもいるので頼めばいいだけの話だが、それでは意味が無いのだ。

今回のセミナー講師募集は、現役より過去の人の方がいいと思っている。「過去の人」といっても引退組みではなく失敗した人。でも、もう一度やれる人。

そういった方々の経験を、これからのビジネスプロデューサーに聞かせたい。ありふれたノウハウを聞くより、いい刺激になると思えるから。

そして、何より、僕はそういった人と会いたいし、求めている。

アホに対し、破壊的な考え方は、もったいない

「やめてやる~」とか感情的になっては駄目だ。

何があろうとも。。。

もっと賢くなれ!
ということで、そういう時こそ「損しない方法」又は「一番得する方法」を選択せよ。

怒りの要因を与えてくれるような人は、基本的に「アホ」です。

よって、アホを相手にしないことが損しない方法といえるでしょう。

逆にデキル人は、相手を怒らせるようなことはしません。常に聞き入れる余裕があるからです。それにデキル人には力(知恵)があります。

よって、その力を利用してアホとの関係を断ち、建設的な考え方を持ち続ける。それが、結果として一番得する方法につながります。

破壊的な考え方は、ビジネス創造の時だけにしておきましょう。

アホは、どこにでもいます。
そんなアホのために「破壊的な考え方」をしては、もったいない。

僕の言葉は、弱い人には響かない

とっても難易度の高いプロジェクトに臨んだ時のことである。

とことん情報を収集し、徹底的に考え企画した。それに一方通行のプレゼンになってはいけないので、提案先ごとに内容をアレンジした。結果、自信もあった。

しかし、思ったような反応を得ることはできなかった。

自分を疑った。

もう一度考えてみようと集中したがいい案が浮かばなかった。

もう一度、アポを取ってくれた人がいた。

今度は運よく取締役に会うことができた。
限られた時間ではあったが・・・

「取り組みたい」と言われた。

気が合った、と思った。

僕はこの時依頼、自分が「この人はキーマンだ」と思える人にしか真剣なプレゼンはしないようになった。

もちろん、キーマンだからといって全ての提案が通る訳ではない。厳しいことも言われる。が、そこに次のヒントがある。

今の僕は、時折、講義らしいことをする。

プレゼン資料を作成するためのシナリオプランニングでは、必ず「キーマンに向けて考えること」と伝える。その瞬間にビビる人もいる。

業種にもよるがビビる人は、明らかに弱者をターゲットにしている。例えば、「自分に自信を持てない人たちに根拠なく大丈夫」といった優しい切り口を持つ人たち。

もちろん、それがいけない訳ではない。そういった人たちのお陰で安堵する人たちは多くいるし、それで継続的収入を得ている人たちもいる。

ただ、思うに、優しい切り口しか持てない人ほど弱者ではないだろうか。

真の優しさについて考えてみたいのと、僕の言葉は、そういった人たちには響かない。

dribbble

近頃、クリエイターのためのSNS「dribbble」を観る機会が多くなった。とは言っても作品だけを観ている訳ではない。

「仕組」を観ている。

今の時代、クリエイターと称する人たちは皆ネットを活用して参考となる作品を探したり、自分の作品を発表している。そして、クリエイター同士がつながって支え合っている、ように見える。

近頃、「ビジネスプロデューサーとクリエイターの接点をどう生み出していけばよいのだろうか?」と考えている。

というのも、BPAに所属するビジネスプロデューサーにデザイナーが必要だと感じ取れるからである。今のところ、僕がデザイン面のサポートもしているが・・・

BPAメンバーの活躍が活発化しているので、とても良いことなのだが、BPAにデザイナーが少ない。

dribbbleを観ていて、「日本にも同様のSNSがあるのだろうか?」と思い、調べて見ると、やはりあった。だが、漫画やアニメ系が多くdribbbleとは異なるようだ。

dribbbleには、ビジネスに役立つデザインがひしめき合っている。

そして、クリエイターたちは、互いに刺激し合っている。

dribbbleのようなプラットフォームを作りたくなってきた。

今年の口癖

僕は、ウェブデザイナーではない。
僕は、グラフィックデザイナーではない。

この二つは、今年、連発した言葉だ。

現実に僕は、ウェブデザイナーでもなければ、グラフィックデザイナーでもない。よって、それぞれに必要な知識や技術もそれほど高くはない。

しかし、今年は、それらの仕事を多くした。

僕の仕事は、あくまでも新規事業の企画を練ること。ただ、その企画はどれもデザイン性を重視している。だから、ウェブもグラフィック系も「できるなら」と頼まれることになる。

それと、頼まれるには、もっと大きな理由がある。

それは、「プロと称する人たちが僕以下だった」ということだろうと思う。もちろん、すべての人たち、ということではない。一部の人たちじゃいないか、と思うようにしている。

でも、一部じゃないかもしれない。

どの業界もプロらしさを感じさせてくれる人が少ないのが現実だ。

昔、「プロフェッショナル」と感じさせてくれる人たちに囲まれていた時代があった。その頃は、毎日が大変で刺激的だった。今思うと、「いい時代を過ごさせていただいた」と思う。明らかに、その頃の経験が今も活かされている。

ウェブもグラフィックも、デザインの考え方はほとんど一緒。だから、インテリアデザイナーでもあった僕にもできる。ただ、それだけのこと。

とはいえ、ビジネスプロデューサーというポジションに立てば、デザイナーという存在が必要であり、デザイナーと戦う必要はない。そのことを忘れたら、僕はビジネスプロデューサーと称することはできない。

仕事の進め方をもう少し工夫する必要がありそうだ。

ビジネス本もファッション雑誌のように

今日は、早めに家を出たお陰で打合せ開始までに2時間もの余裕があった。1時間はカフェで読書、もう1時間は久し振りに書店に入った。書店に入って思ったことだが「読みたい本が無い」。

毎度の作家さんたちの作品ばかりが目に付き「うんざり」という気もした。

「いかんな~、そんなんじゃ」と自分に呆れた。

そして、ファッション雑誌のコーナーで見た目カッコヨサゲなのを数冊眺めていた。

「ビジネス本もファッション雑誌のようにできないだろうか」と。

直感で捉えるビジネス雑誌、でもノウハウ本より深いものがある。そんな感じのものづくりをしてみたい、と以前から思っていた。

参考にヨサゲなものを買っていこう、と思ったがいつの間にか時間に余裕が無くなっていた。

慌てて打合せ先に向った。

今日は、いい天気でほんと良かった。

感じたことを文章にする習慣

この1ヶ月間、仕事に追われっ放しだった。キャパいっぱいだったのだろうな、と思うのと、やる気になれない日々が続いてしまったが故に、無駄な時間を多く過ごしてしまったような気がする。さらに、やりたいことに時間が割けずジレンマにも陥っていた。

そして、やっと片付き始めた。

片付き始めたから、こうしてこの時間に久々のブログをしている。

以前は、深夜でも集中力を持って仕事に取り組めたが近頃はそうもいかない。体力が無くなったという訳ではなく「集中力を要する仕事は、午前中の方がいいに決まっている」と自分に言い聞かせているからだ。現実、時間に余裕のある朝の方がじっくりと考えることができる。

今、何となく、こうしてブログしている。

「何となく」というのがいい。

誰かに見てもらいたい、聞いてもらいたい、といった欲求は無いのだから。

ただ、文章を書くことがめっきりと少なくなってきたので「マズイナ」という気持ちがある。何となくでもいいから「感じたことを文章にする」習慣だけは持っておきたい、と思う。

もちろん、つぶやき程度じゃ駄目だと思う。