アホに対し、破壊的な考え方は、もったいない

「やめてやる~」とか感情的になっては駄目だ。

何があろうとも。。。

もっと賢くなれ!
ということで、そういう時こそ「損しない方法」又は「一番得する方法」を選択せよ。

怒りの要因を与えてくれるような人は、基本的に「アホ」です。

よって、アホを相手にしないことが損しない方法といえるでしょう。

逆にデキル人は、相手を怒らせるようなことはしません。常に聞き入れる余裕があるからです。それにデキル人には力(知恵)があります。

よって、その力を利用してアホとの関係を断ち、建設的な考え方を持ち続ける。それが、結果として一番得する方法につながります。

破壊的な考え方は、ビジネス創造の時だけにしておきましょう。

アホは、どこにでもいます。
そんなアホのために「破壊的な考え方」をしては、もったいない。


BUSINESS PRODUCER(ビジネスプロデューサー)は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の登録商標です。