僕の言葉は、弱い人には響かない

とっても難易度の高いプロジェクトに臨んだ時のことである。

とことん情報を収集し、徹底的に考え企画した。それに一方通行のプレゼンになってはいけないので、提案先ごとに内容をアレンジした。結果、自信もあった。

しかし、思ったような反応を得ることはできなかった。

自分を疑った。

もう一度考えてみようと集中したがいい案が浮かばなかった。

もう一度、アポを取ってくれた人がいた。

今度は運よく取締役に会うことができた。
限られた時間ではあったが・・・

「取り組みたい」と言われた。

気が合った、と思った。

僕はこの時依頼、自分が「この人はキーマンだ」と思える人にしか真剣なプレゼンはしないようになった。

もちろん、キーマンだからといって全ての提案が通る訳ではない。厳しいことも言われる。が、そこに次のヒントがある。

今の僕は、時折、講義らしいことをする。

プレゼン資料を作成するためのシナリオプランニングでは、必ず「キーマンに向けて考えること」と伝える。その瞬間にビビる人もいる。

業種にもよるがビビる人は、明らかに弱者をターゲットにしている。例えば、「自分に自信を持てない人たちに根拠なく大丈夫」といった優しい切り口を持つ人たち。

もちろん、それがいけない訳ではない。そういった人たちのお陰で安堵する人たちは多くいるし、それで継続的収入を得ている人たちもいる。

ただ、思うに、優しい切り口しか持てない人ほど弱者ではないだろうか。

真の優しさについて考えてみたいのと、僕の言葉は、そういった人たちには響かない。


BUSINESS PRODUCER(ビジネスプロデューサー)は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の登録商標です。