イベント集客も4Cで考えると全体最適化の方法が見えてくる

wanwaru - 2019/09/08 - 日記 /

イベント集客 で思ったようにならないことがある。

そんな時は、自然と4つの要素について考える。

1. 内容の問題?
セミナーの内容がわかり難いかも、講師についての説明不足等、色々と考えて懇切丁寧な説明を加えたところで何も変わらないこともある。

2. 金額の問題?
無名な講師では無料でないと駄目か、やはり金額が少々高いかも。だからと言って、無料に、安くしたところで、正しいやり方と言えるのだろうか。

3. 場所の問題?
同じ内容のセミナーでも、開催場所によって人の集まり方が大きく異なる。駅から近ければいい、という訳でもない。立地というよりエリアの問題だと感じる。

4. 宣伝の問題?
タイトルにインパクトがない、普通過ぎる。キャッチコピーが大事とよく聞く。ただ、そういうことをいう奴ほどレベルが低い。

 
なんてことを考えながら、全体バランスを整え最適化を図ろうとすると、「これって4P分析だな」とつまらないことに気付く。

 
で、思う。

4Pじゃ駄目だ、4Cで考えないと先に進まない」と。

イベント集客-顧客視点

 
つまり、改めて顧客視点で考えると最適化の方法が見えてくる。

販売視点から顧客視点へ」と何度も唱えているのに、いつの間にか忘れてしまう。

では、最近始めた「セミナー講師養成講座」を例に最適化の方法を探ってみたい。
 
続きは、BPA会員サイトでご覧ください。

 


最新記事をメールでご案内