昨日のBPAワークショップとBPAライブを終え、今「ホッ」としながら好きなジャズ系の音楽を聴いている。今聴いている曲は、緊張を解してくれるようで無駄な力が吸い取られていく。

そして、しなければならないこと、したいこと、が脳裏に浮かぶ。

BPAワークショップに「決まり」はない。参加者が取り組んでいるプロジェクトについて語り合い、プロジェクトが上手く進むようアイデアを出し合う。3時間なんて、あっという間だ。

そういった活動ができることに「有り難さ」を感じる。

そういった活動を通して、各人の想いを知り、やる気になれる。弛んだ筋肉が徐々に引き締まり、歪んだ社会に苛立ちを感じることもある。そんな時は、戦いモードにシフトする。容姿が変わる訳ではない。戦略思考に変わるだけだ。

つまり、人の想いがいい刺激になっている。

BPA関連で忙しく動いた翌日は、予定を入れないようにしている。

生き方は、ゆっくりと流れる時間の中で考えたい。